梅雨空に…

清水 呂益

2013年07月05日(金)
清水 呂益

しばらくぶりのブログ更新です。とにかく息子が保育所に行き出してから次から次へと様々な病気をもらってくるもんで、その都度平日の昼間に病院通いせねばならず、40分かけて着いて30分待たされ、1分の診察で終了…って小児科ってこんなもんなのかな。行くたびに不安になるわ。こちらの「どんな無理してでも来たので何とかしてくれ」的な感情は一切関係ナシ。シビアなもんだわ。庶民がかかる医者ではこれくらいが限界なんだな。まさに体力と時間の勝負が続いています。息子よ早くしゃんと頑健になってくれ~。

写真は今年で12歳になる当方のゴッドマザー猫、チェル。2回子供を産んだ後に避妊手術した。子供が産めない体になってからも母性は変わらず、私が保護してくる子猫達を温め、出ない乳を含まし、毛づくろいしてやりながら、何匹も一人前になるまで狩りを教えて育て上げてくれた功労猫なんです。本能的な母親の愛に見返りや理屈はないんですな。このばあちゃん猫を見るたびに、人間が動物より優れているところなんてそんなにないもんだな、いやむしろ動物以下の所業をしている人間のいかに多いことか、という気になります。いつまでも当ファームの猫社会の規範であり続けて欲しいものです。

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks



新着投稿

カテゴリー別の投稿

投稿者別の投稿

過去の投稿