今年の冬は早くて厳しい

清水 呂益

2014年12月23日(火)
清水 呂益

本当に久しぶりのアップです。日々、鶏の世話、育児と奮闘して参りましたが、秋口から昨年の悪夢再び、猪が鶏舎回りをうろつくようになり、毎晩夜の見回り、猪が鶏舎に入らないように警戒する日々が続き、体調も崩しがちでしたので、昨年猪犬が亡くなって手薄になった鶏舎回りを、なんとか猪を寄せ付けない犬を導入し、見回りの負担を軽減しようと、10月末になって高知県から雄1頭(写真の虎毛)11月初旬に鳥取県から雌1頭の里親になりました。本来なら殺処分でもおかしくない犬たちでしたが、雄は猟犬、雌も動きを見て、猪に対抗できて、訓練も出来るだろう、という判断で受け取りに行きました。

雌の犬は既に別の猟犬の子を宿しており、貰ってきてから凄い食欲で、見る見るお腹がおおきくなり、12月4日の深夜に可愛い子犬を3匹産みました。偶然、赤毛の母親から産まれてきた子犬達も虎毛の子犬が2匹おり、今年は不思議と虎毛の犬との縁があるようです。

 

 

 

 

ちょうど、子犬が産まれた頃から、肉用種の世話のラストスパートで、日々、てんやわんやが続き、ようやく昨日、大口出荷が終わり、予約分以外の残り在庫が確定しました。おなじみのヒネ肉も精肉しましたが、人気の肉用種は従来のレッドブロと、今回が初導入のフランス産の地鶏プレノアールです。以下、ご注文順で承りますので、売切れご免でお願い致します。

プレノアール半羽分真空パック(2,100円) 残り21パック
レッドブロ  半羽分真空パック(1,900円) 残り24パック
ヒネ鶏(赤玉菊鶏肉)半羽分真空パック(800円) 残り12パック

ヒネ鶏200gミンチ(500円)残り34パック

以下、ガラ、内臓、応相談です。

今回は特にプレノアールの評判がいいので、旨い鶏肉を食べてみたい方は、お早目のご注文、お願い致します。

 

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks



新着投稿

カテゴリー別の投稿

投稿者別の投稿

過去の投稿