ゴッドマザー

清水 呂益

2012年05月14日(月)
清水 呂益

1日遅れのアップですが、昨日は母の日、と言うことで私自身は親には心配・迷惑かけっぱなしの人生で恥ずかしい限り、思い出は冷や汗ものしかないので、せめての罪滅ぼしに家内が代わりに花を送ってくれている次第…なんで、当方の猫社会のお話。写真は淡路島に移住する際に大阪から連れてきたシャムハーフの白猫♂のお嫁さんとして、洲本市の愛猫家から譲ってもらったのが彼女です。もう10歳なのに未だに当ファームの中の猫界のゴッドマザーとして君臨しております。ほとんどの猫が子猫の時に面倒を見て(この猫の偉大なところは自分の子猫でなくても母性豊かで面倒を見てあげるんです)もらっているせいか、大きくなっても頭が上がらない…こんな猫社会の関係性が成り立っているんだと思います。彼女が狩りがうまく、鶏舎周りの野ネズミやモグラ、小鳥などを巧みに捕えてきては、私の目の前まで持ってきてはえらく褒められて、大好物のチーズやちりめんじゃこをもらいながら抱っこしてもっらている姿を子猫の時から皆が見ているのだから、そりゃぁ、皆が狩りが上手になって私にも恭順な態度をとってくれるというものです。感謝、感謝、いつまでも長生きして下さいね。

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks



新着投稿

カテゴリー別の投稿

投稿者別の投稿

過去の投稿