パトロールは一休み

清水 呂益

2012年06月27日(水)
清水 呂益

当方にはネズミや野鳥を追い払ってもらうために鶏舎の周りに猫を常に5~6匹飼育しています。これがなかなか難しいんですが、猫たちに人間が常に餌を与えて腹いっぱいにさせてしまうと、ネズミや野鳥を追わなくなります。サバンナのライオンでも満腹の時は目の前を獲物が通っても襲わないのと同じ理屈ですね。かといって何も餌を与えないと、より餌が手に入る場所を求めて放浪し、戻ってこなくなります。なので、朝に目の前で食べきる量のカリカリエサをあげると、昼間は満腹してゴロゴロ。鶏の世話をする私の肩の上に乗ってきたり、犬と遊んだり、風通しのいいところで涼んだり、好きにしていますが、夕方になるとお腹が減ってきてウロウロとファーム内をパトロール。餌の周りにくる野ネズミや地ネズミ、モグラや小鳥を狙う、ハンターになってくれます。猫たちが常にネズミを追い払ってくれているおかげで、当方は一般養鶏場が頭を悩ます、ネズミ対策に大量の殺鼠剤など使用しなくても、サルモネラ菌(ネズミが主に媒介すると言われています)検査でも全く陰性で、ありがたい限りです。卵の生産現場において薬物を一切使わないのが私の主義です。だから暑さでへばりだした猫たちには卵の黄身を与えて、今年の夏も頑張ってもらいますよ~。

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks



新着投稿

カテゴリー別の投稿

投稿者別の投稿

過去の投稿