リーサルウエポン

清水 呂益

2012年09月09日(日)
清水 呂益

なんかさ、親父が言うにはまだまだ俺は馬鹿だけど、一通り訓練が終わったし、あまりにイノシシが多いから一刻の猶予もならん、と言うことで、鶏舎南面の警備隊長に任命されたんだよ。さっそく茶色い猫を追っかけたり,網の向こうの鶏を脅かしたりして親父のゲンコツもらっちゃいましたが、一応任務は毎夜完全遂行、猪は一歩も通してないぜ。

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks




緑餌のやり方

清水 呂益

2012年09月09日(日)
清水 呂益

自然養鶏を実践されている方なら、緑餌の重要性は言わずもがなで判っている事と思いますが、鶏への緑餌の与え方と言うとこれまた結構皆さんそれぞれです。殆どの方がデビーク(お互いが傷つけ合わないように嘴の先をヒヨコの時に焼切ってしまう処理)していない鶏を飼育しているとは思いますが、食べやすいようにカッターで細かくしたり、細かくしたものを発酵エサに混ぜたり、畑や果樹園に放し飼いにすることで雑草を食べてもらったり…私のやり方は簡易型ですが放射能物質計測器で未検出かどうかを確かめた土壌に生えている旬の青草を、写真のように根っこごと抜いてきて鶏舎に放り込みます。これは9年前に鶏を畑で放し飼いにしていた頃の観察とそれからの様々な種類の鶏を飼った経験からやっている方法です。鶏が本当にストレスなく、自由に土の上で青草が十分あるような場所で飼ったらどういう摂食行動をとるのでしょうか?何時間も一緒の目線で観察していると判るのですが、鶏は青草の葉っぱの部分というよりは、根っこの部分の土や腐食して土になりかかっている部分、穂先、葉先の部分、花や実の部分から食べます。葉っぱそのものを好んで食べる行動は殆ど見られません。「いや、ウチの鶏は凄い勢いで葉っぱごと、茎ごと食べますよ」という声が聞こえてきそうですが、それは「単一化された囲いの中の環境で飼育されている鶏」に緑餌を与えているからなのです。緑餌って鶏にとってビタミン、食物繊維の塊みたいなもので、健康維持に必要だから好んで食べるのでしょうが、そういう風に考えると、葉っぱの部分よりは土の微生物が活発化している根っこごと、周りの土ごと、自然のエネルギーが詰まった成長因子やファイトケミカル、栄養価が詰まった部分である穂先、花や実がついている丸のまま、自然環境下では一番の好物を囲いの中の鶏にも与えてやりたいと私は考えました。後には嘴では歯が立たなかったんだろうな、という固くて太い茎の部分だけが乾燥して枯れ木のように残りますが、定期的に集めて鶏舎の外に運び出します。本来食べない箇所はこれでいいんだと思います。緑餌を与える目的が、白っぽい黄身の色を少しでも濃くするためにせっせと与える…こんな風にはなりたくないのです。何が、鶏の健康やストレス解消になるか、安全性の向上につながるか、ということが生産方針の最優先にしたいものです。

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks




小屋の周りの美味しい草は食べ尽くしました

清水 呂益

2012年08月25日(土)
清水 呂益

当方の看板ヤギ、メイちゃんです。しばらく体調が悪くてとてもじゃないけど散歩に連れていけなかったので、ロープでの繋ぎ飼いをしょっちゅうしていたら、小屋の周りに生えていた笹やクローバー、ススキやギニアグラスはすっかり食べつくして、センダングサにこすれてすっかり真っ白な夏毛に抜け替わり、可愛さ倍増です。鶏たちも暑さのピークを過ぎたからか、食欲が戻ってきたおかげで、殻もしっかりしてきました。また、一群は休産サイクル法で青草のみの給餌に切り替えだしました。決まった時期ではなくて、鶏の様子を見て休産させてやれるようになってきたので、卵の状態も長期にわたって高品質を保てているので満足です。こればかりはいくら原稿にして文章で説明してもなかなか理解してもらえないと思います。鶏の健康維持のために新しい試行を続けた経験がモノを言いますから、淡路島ならではのどんな季節でも新鮮な青草があり、新鮮な魚介類が餌に使える当ファームの特権ですね。2階部分まで伸びてきた緑のゴーヤカーテンですが、思ったほど実が成らず、自家消費で十分こなせるくらいで、沢山採れたら一緒に苗の鉢植えを手伝ってくれた家内の友人の子供さん達に送ろうと思っていたのですが、4~5日おきにポロポロと収穫に適した大きさのものが一個ずつできる感じで、新鮮な実を一度に複数個ゲットできずになんだかなぁ…って感じです。疲れがたまっている腎臓のために時々ゴーヤチャンプルーとゴーヤの肉詰めを自宅消費するのが関の山ですな。

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks




ヒマワリ満開

清水 呂益

2012年08月14日(火)
清水 呂益

くそみそに暑くて湿気の多い日でも、漁の加減で餌集めに周る日々だ。軽トラックの窓を全開にして少しでも風を感じながら、河川敷のヒマワリに心が癒される。必死に集めたシラスくずも湿気てしまっては元も子もないので、集めたらすぐにぬかと混ぜてビニールのガラ袋にふわっとするくらいの密度で詰める。2日間して発酵熱が上がったところで、黒い業務用ビニールにギュウギュウに詰め込み口を縛って密閉。これで2週間は持つ。保管用の冷凍庫はもうすでに一杯なので苦肉の策だが、鶏のエサに使う頃には発酵が進んでオツな香りを発するようになる。発酵させるものと生の新鮮な果実や緑餌、このバランスが鶏の健康維持には欠かせない。薬を与えずに土の上で元気に飼うためには、様々な工夫が必要になる。何より鶏にかかるストレスを減らしてやることが生き物を飼う生産者として責務だと思う。家畜だからと、人間のエゴ丸出しに扱ったり、金の元を産み出す道具としてしか考えない生産者にはなりたくない。そうそう、拙文が現代農業8月号に掲載されました。安全な若鶏肉を得るために当方で取り組んでいる、鶏肉用品種を自然卵養鶏法の技術で薬を使わずに育てる方法の紹介などです。掲載されてから連絡先も載せていないのに(以前の原稿掲載の時に問い合わせが多々あって対応に参った)5件ほど問い合わせがあったが、あいにく今現在鶏肉の在庫はほとんどありません。当方の鶏肉は安全な鶏肉を求めるお客様からヒヨコの導入時にご注文を頂くのが通常。手間が大変なので殆ど家族や大事なお客様に安全な鶏肉をお届けしたい、という信念だけでやっとるようなもんだから、どうしても確実に欲しい方は半年くらい前から問い合わせして下さいね。

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks




緑のカーテンその4

清水 呂益

2012年08月01日(水)
清水 呂益

連日35℃を超えるような猛暑日が続いていて、人間も鶏も犬も猫もヤギもぐったり。あっ、もうすぐ6ヵ月の暴れん坊だけが夏風邪気味なのに、ハイハイしながらの頭突きを覚えて元気いっぱい、鼻ずるずる言わせながら寝ている家内にぶつかりまくってテンションMAXの毎日です。私はこのスケジュールで眠れないとさすがにヤバいんで、昼寝に付き合う以外は、寝苦しい気温ゆえ、早々にフローリングにゴロ寝します。ゴーヤは思ったより効果がない、と言うか、この猛暑には太刀打ちできない、と言うか、風を遮ってかえって暑い気がすると言うか…。来年はもうちょっと茂らす時期、角度を考えねば。ようやく実もボチボチ出来てきたんで、先日満を持して、ゴーヤチャンプルー、肉詰めに家内が調理してくれました。採れたて新鮮だからか瑞々しくて噛めば噛むほど苦い汁が湧き出る感じ。これはこれでなんと言うか…オツな味で。ちょうど息子の指にも搾り汁を塗る計画も、「そろそろかな~どんな顔するやろな~」と話す親父の企みを察知したからか、成長が早いのか、殆ど指そのものを舐らなくなり拍子抜け。なかなか大人の浅知恵通りにコトは運ばないもので。

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks




10 / 23« 先頭...89101112...20...最後 »

新着投稿

カテゴリー別の投稿

投稿者別の投稿

過去の投稿