トップページ / 私たちについて

淡路菊水ファームについて

山海の食材に恵まれた自然豊かな淡路島

『古事記』や『日本書記』に記されている国生み神話では、この国が最初に出来た?馭慮島(おのころじま)で伊弉諾尊と伊弉冉尊が結婚され、やがて淡路之穂之狭分島、つまり、淡路島をお生みになったとされています。

この神話で語られているおのころじまや、伊弉諾尊が幽宮としてこもったとされる伊弉諾神宮といった、古来から語り継がれている国生み神話ゆかりの地が淡路島のあちらこちらに残っており、『国生み』にちなみ、良縁・夫婦和合・子授け・安産にご利益があるとされる『おのころ島神社』や、日本最古の神社とも言われ、伊弉諾尊が奉られている『伊弉諾神宮』など今も島民の信仰を深く集めております。また、淡路島は古くより朝廷へ食材を献上してきた地として『御食国』とも呼ばれ山海の食材に恵まれた自然豊かな地域でもあります。

 

日光浴や砂あびをしながら、のびのびと暮らせる「平飼い鶏舎」

新鮮な山からの風が常時吹き抜けている、南向きの四面開放型運動場付き平飼い鶏舎です。

鶏達が生活している部屋は1部屋7.5坪~36坪。そこに45羽~180羽前後(坪当たり5~7羽)の鶏達が、地面の上で日光浴や砂あびをしながら、のびのびと暮らしています。鶏舎の様子は「鶏の飼育環境」よりご覧いただけます。

 

農場長からのご挨拶

淡路菊水ファームは健康な親鶏からしか、生命力あふれる卵は生まれない…という考えに基づき、2002年から淡路の地でこだわりの有精卵を生産してまいりました。本当に安全で美味しい卵を作るため、全ての鶏に目を配る事が出来る少羽数の飼育方法を守るために、当初は生産される卵全て、定期購入会員様との契約販売のみでした。

2004年より、淡路市仁井へのファーム移転の後、一般の方へも提供できる様に少しずつ増産を始めました。また、農場内の鶏舎、生産した菊花卵のサルモネラ検査を定期的に実施して、衛生面でも万全を期す努力をしております(農場長の営農方針についての詳細)。

昔のように鶏を飼えなくなった方々の代わりに、安全で安心できる卵を

生産する…という初心を忘れずに取り組んでいます。

(全国自然養鶏会会員、自然卵ネットワーク会員)

 

アクセスマップ

所在地:〒656-1731 兵庫県淡路市仁井587-4
電話番号:0799-82-1605(受付時間:9時~18時 年中無休)
受付時間外のお問い合わせはメールフォームより承ります。
現在、家畜保健所からの指導により家畜伝染病予防、不特定の車両、人員の入場を規制するために関係者、全国自然養鶏会会員以外の方の鶏舎見学・敷地内への入場については全てお断りしております。

淡路菊水ファーム

淡路菊水ファームへのお問い合わせ 菊花卵サンプルセットは送料無料 菊花卵サンプルセットは送料無料 は鶏肉のご購入 定期購入会員

関連ページ